今回は、【Broken Link Checker】という
ワードプレスのプラグインの設定方法について解説します。

Broken Link Checkerは
ブログ内のリンク切れをお知らせしてくれるありがたいプラグインです。

WordPressプラグイン 【Broken Link Checker】とは?

ブログ内で、「⇒○○はこちら」というように
リンクを貼り付ける操作はよくあることなのですが
いつの間にかリンク切れを起こしているなんてことがあります。

アフィリエイトでブログを運営しているのであれば
一番良く使うリンクの貼り付けは、
紹介した商品の詳細(購入)ページではないでしょうか?

ある商品について、いろいろ説明があり、
興味が出て読みすすめていると
最後に「⇒ ご購入はこちら」ってなっていて押してみたのに
訳のかわからないメッセージが出て表示されない…
なんて経験、あなたにもありませんか?

これって、すごく「イラって(#゚Д゚)」しますよね。
そして、もうそのサイトには行かないってなることもあります。

しかし、これは私達のようなアフィリエイターでも
自分が気がつかない間にリンク切れに気がつかず
ブログの訪問者をイラつかせてしまうなんてこともあるんです。

そんな事にならないように
リンク切れをいち早く教えてくれるのが
Broken Link Checkerというプラグインです。

リンク切れがあれば
ダッシュボード上でも表示がされますし
ワードプレスに登録したアドレスにメールも届きます。

リンク切れは気がつきにくいので
Broken Link Checkerを入れてすばやく
リンク切れに対処できるようにしておきましょう。

Broken Link Checkerのインストールしてリンク切れを直そう

ワードプレスのダッシュボードにログインします。
左側のメニューから
①プラグイン⇒②新規追加をクリックします。

Broken Link Checker

プラグインを追加の画面が表示されます。
画面右上にある「キーワードを検索」と表示されている
検索窓に【Broken Link Checker】と入力してenterキーを押します。

Broken Link Checker

検索結果の中から「Broken Link Checker」を見つけて
「今すぐインストール」をクリックします。

Broken Link Checker

画面が切り替わったらプラグインを有効化をクリックします。

Broken Link Checker

プラグインを有効化しましたと表示され
既に、インストールされているプラグインの一覧の中に
Broken Link Checkerが表示されたらOKです。

Broken Link Checker

これで、Broken Link Checkerの設定は終わりです。
インストールと有効化さえしておけば
自動的にリンク切れをお知らせしてくれるので大変便利です。

ワードプレスのリンク切れ表示を直す方法

自動的にリンク切れをお知らせしてくれる
Broken Link Checkerですが、極稀に表示の不具合が起きることがあります。

それは、リンク切れじゃないのに
リンク切れのように取り消し線が入ってしまう症状です。

こんなやつです↓

Broken Link Checker

ちゃんとリンクは表示されるのに
こんな風に取り消し線が入っていたらブログを見に来た人は

「あれ?ここはリンクが切れているのかな??」

って勘違いされてしまいクリックされなくなります。

読んで欲しい内容が読んでもらえないなんてことになるので
リンク先がちゃんと表示されるのであれば
この取り消し線は消しておきましょう。

この方法については、以前の記事で
図解入りで説明していているので参考にしてください。
            ↓↓↓

 

テントウムシライン
170 最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを「いいな」と感じていただけましたら
下のランキングバナーを一回押していただけますと嬉しいです。
みなさんのひとポチが励みになります!
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

無料プレゼント実施中!!

当サイトおすすめNo1アフィリエイト教材

ルレアプラスレビュー