Amazonアソシエイトと楽天アフィリエイトの比較

物販アフィリエイトをするなら

・Amazonアフィリエイト

・楽天アフィリエイト

この2つのASPがおすすめです。

どちらも大手で品揃えの数はかなり多いです。

クッキー機能も期間の違いはあれありますし
特徴的に非常に似ているASPです。

前の記事でそれぞれのASPの紹介をしましたが

「どっちのASPが稼ぎやすいの?」

「どっちを使えばいいのだろう?」

と悩む方もおられるので今回は
Amazonアソシエイトと楽天アフィリエイトの特徴を
わかりやすくまとめて解説していこうと思います。

アフィリエイト報酬面での比較

Amazonアソシエイト→商品よって幅があるが最大10%

楽天アフィリエイト→基本1%

アマゾンと楽天ではアフィリエイトの報酬率にかなり差があります。

クッキーの有効期限での比較

Amazonアソシエイト→24時間

楽天アフィリエイト→30日間

物販アフィリエイトは、アフィリエイトURLを
クリックした人がすぐに商品を買わなくともクッキー有効期間内に
商品を買えばアフィリエイト報酬を受取る事が出来ます。

ということは

クッキー有効期間が長ければその分

アフィリエイト報酬を受取りやすい

という事になります。

なので、クッキーの有効期限の長さから見ると
アフィリエイトURLをクリックされたら
アマゾンよりも楽天アフィリエイトのほうが
アフィリエイト報酬が得やすいということがいえます。

しかし、ここで一つ注意しないといけないことがあります。

それは

クッキーは上書きされてしまう

ということです。

どういうことか説明しますと、

あなたのブログに貼ってある楽天アフィリエイトの
URLをクリックした人が、
30日間の期間の間に
自分以外の人の楽天アフィリエイトURLをクリックして

商品を購入した場合あなたはアフィリエイト報酬を得る事ができない

ということなんです。これをクッキーの上書きと言います。

換金のしやすさから比較

アフィリエイト報酬が無事に反映されて
さぁ、換金しよう!ってなっても、アマゾンと楽天では
最低換金金額(○○円以上にならないとお振込みしませんよ)
というものがそれぞれ存在しています。

Amazonアソシエイト→最低金額5000円から

楽天アフィリエイト→楽天ポイントでの換金。
または3000ポイント以上で電子マネーでの支払い

アマゾンの場合は、報酬が5000円以上になれば
アフィリエイト報酬が現金で振込されます。

楽天アフィリエイトの場合は、報酬は現金ではなく
楽天スーパーポイントでの支払いになるんですね。

ポイントが3000以上になれば楽天キャッシュという
電子マネーで現金化することができますが
換金額に対して10%の手数料と消費税がかかります。

換金のしやすさから見れば
Amazonアソシエイトのほうが換金しやすいということが言えます。

Amazonアソシエイトと楽天アフィリエイトどちらが稼ぎやすい?

  Amazonアソシエイト 楽天アフィリエイト
報酬面
クッキー
換金

報酬面と換金のしやすさからすれば
Amazonアソシエイトのほうが稼ぎやすいかなと思います。

楽天はクッキーの有効期限の長さも
魅力ではあるのですが上書きされてしまうと
クッキーの効力がなくなってしまいます。

あとは、換金が楽天ポイントというのは
人によっては現金のほうが嬉しいという
声もありますのでこのような考えになりました。

ただ、どのアフィリエイトをやるにしても
それなりの売上がないと大きく稼ぐことは至難の業ですし、
Amazonアソシエイトのほうが稼ぎやすいとはいえ
簡単というわけではないのでそこは誤解しないで欲しいと思います。

物販アフィリエイト、情報商材アフィリエイトにしても
サイトの充実させて、アクセスを集めて
アフィリエイト成約に繋げるような努力をしないといけないのは同じです。

いかがだったでしょうか?
何かわからないことがあればお気軽にお問い合わせくださいね。

今回はこの辺で。
最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m

テントウムシライン

最後まで読んでいただきありがとうございます。170
このブログを「いいな」と感じていただけましたら
下のランキングバナーを
一回押していただけますと嬉しいです
みなさんのひとポチが励みになります!

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

ルレアプラスレビュー

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ