今回は、Google XML Sitemapsで作成した
サイトマップをGoogle SearchConsole(グーグルサーチコンソール)
【旧:
ウェブマスターツール】と連動させてSEO効果を上げる方法を解説します。

Google SearchConsole(グーグルサーチコンソール)とは?

Google SearchConsole(グーグルサーチコンソール)とは
Googleが公式で提供しているウェブ担当者・管理者のためのツールです。
これは無料で利用することができます。

前回、インストールしたGoogle XML Sitemapsで
作成したサイトマップを送信することで、Googleの検索エンジンに
効率よくサイトを認識してもらい、SEO効果を上げる事が出来ます。

Google XML Sitemapsのインストール方法
に関しては下記のページを参考にしてください↓

Google SearchConsole(グーグルサーチコンソール)を使うとどんなメリットがあるの?

Google SearchConsole(グーグルサーチコンソール)に登録すると、

  • 自分のサイトの状態
  • Googleにどのように認識されているのか
  • 外部リンク&内部リンク
  • サイトパフォーマンス
  • Googleからの警告

などのサイトの重要情報が確認できます。

また、Googleアナリティクスで(not provided)となって見ることができない、
Google検索エンジンにおける検索クエリ(流入キーワード、クリック率など)
も分かるようになるのでSEO対策にも役立ちます。

アフィリエイトをやるなら、
必須といってもいい無料ツールです。

Google SearchConsole(グーグルサーチコンソール)にサイトを登録

下のリンクをクリックして
サーチコンソールのサイトへ行きましょう。
↓↓↓
>>Google SearchConsole(グーグルサーチコンソール)はこちら

サーチコンソールにログインをクリックします。

Googleウェブマスターツール

下記のような、画面が出たら
登録したいサイトのURLを入力してサイトを追加をクリックします。

 

Googleウェブマスターツール

サイトの所有権というものを確認するように言われます。
「おすすめの方法」と「別の方法」と2つありますが
今回はおすすめの方法で確認します。
このHTML確認ファイルをクリックします。

Googleウェブマスターツール

すると、ファイルのダウンロードが開始されますので
あなたのパソコンのデスクトップに保存をしてください。

次に、FTPソフトを開いてサーバーに接続します。
(ここではFileZillaを使っています。 )

① リモートサイトの名前が
【/あなたのブログのドメイン名/public_html】になっていることを確認。

② 先程デスクトップに保存したHTMLファイルをドラッグ&ドロップします。

アップロードが完了した後に、
正しく行われたかどうかの確認を行い、
問題なければ確認ボタンを押すことで所有権を紐付けることができます。

Googleウェブマスターツール

上記のようなメッセージが出たらサイトの登録は完了です。

サイトマップの送信をしよう

先程の画面にある続行をクリックします。

Googleウェブマスターツール

サイトマップ:サイトマップがありませんをクリックします。

Googleウエブマスターツール

右側のサイトマップの追加/テストをクリックします。

Googleウェブマスターツール

①にsitemap.xmlと入力し
サイトマップを送信をクリックします。

Googleウェブマスターツール

ページを更新するをクリックします。

⑨

下記のような表示が出たらOKです。

⑩

再度、ウェブマスターツールにログインし直してみてください。
先程、登録したサイトが表示されていますよ^^

Googleウェブマスターツール

いかがだったでしょうか?
今回は少し複雑な作業が多かったかもしれません。
もし、うまくいかないという場合は
ご遠慮なくめいこにメールしてくださいね。

 

テントウムシライン
170 最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを「いいな」と感じていただけましたら
下のランキングバナーを一回押していただけますと嬉しいです。
みなさんのひとポチが励みになります!
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

無料プレゼント実施中!!

アドセンス外注化の教科書

物販アフィリエイト教材

ルレアプラスレビュー