アドセンスブログを運営していると、キーワード選定ってとっても苦労しますよね。いろんな教材を読んでみると「アクセスを集めているキーワードを探せば楽勝!」やら「ライバルが弱いキーワードを見つければいいよ!」をなんてありますが、「いや、それがなかなか見つからないの!!(怒)」なんて経験ありませんか?

キーワードがなかなか見つからないと・・・

女性2

そんなこというなら、実際にあなたがアクセスを集めているキーワードを見せてよ~

困る2

他のライバルは一体どんなキーワードでアクセスを集めているのかがわかればなぁ~

なんて思ったりしたこと1度はあるのでは?

実は、あなたと同じようにサイトを運営してるライバルのキーワードがわかっちゃうツールがあるんです。

今日は、ライバルサイトがアクセスを集めているキーワードがわかっちゃうちょっとこわ~い無料ツールを紹介します。

Similarweb(シミラーウェブ)の使い方と画面の見方

はい!その名もSimilarweb(シミラーウェブ)というサイトです。

Similarweb(シミラーウェブ)の使い方

>>Similarwebはこちら

初めて聞く人も多いと思うので、どういうサイトなのか簡単に説明しますね。

Similarweb(シミラーウェブ)って何?

Similarwebはある対象サイトの

  • そのサイトのアクセス数
  • そのサイトに訪問したユーザーがどんなキーワードで検索してたどり着いたのか
  • そのサイトに訪問したユーザーが他にどのサイトに訪問しているのか

などを知ることができるサイトです。

他にもいろんな機能があるんですが、有料でないと使えなかったりするので今回は無料のままで使えるもののみにフューチャーして紹介します。

Similarweb(シミラーウェブ)の使い方と画面の見方

では、実際の使い方と画面の見方を紹介しますね。

まず、下記のリンクからSimilarwebにアクセスしてください。

>>Similarwebはこちら

画面の左上に『任意のウェブサイトまたは…』という表示がある検索窓があるのでそこに調べたいライバルサイトのURLをコピペします。

Similarweb(シミラーウェブ)の使い方

次に、

1.サイトのURLの一番最後にある「/」にカーソルを合わせるか、「/」を削除してみてください。

2.すると、検索窓の下にサイトのアイコンが画像のように出てくるのでここをクリックします。

ここで注意

検索窓にある虫眼鏡のアイコンをクリックしたくなると思いますが、ここをクリックすしちゃうと「サイトが見当たりません」というメッセージが出ちゃうので間違わないようにしてください。

Similarweb(シミラーウェブ)の使い方

そうすると、下記のようにサイトの情報が出てきます。

Similarweb(シミラーウェブ)の使い方

この画面の見方をこれからお話します。

グローバルランク・国ランク・カテゴリ―のランク

Similarweb(シミラーウェブ)の見方

ここは、その名のとおりサイトのランクですがここはあまり見なくてもいいのでスルーしてください。

トラフィック概要

Similarweb(シミラーウェブ)の見方

トラフィック概要は主にサイトのアクセス数や滞在時間、ページビューを見ます。

過去6か月間の合計訪問者数とその間のアクセスの推移がグラフで出ていますので、「このサイトは安定してアクセスを集めているのか?」「急にアクセスが上がったり下がったりした月はあるのか?」など見ても良いですね。

平均の滞在時間やページビューや直帰率も見て、「このサイトは滞在時間も長めでページビューも多いからよく見られているんだな。」という判断もできますね。

国別トラフィック

Similarweb(シミラーウェブ)の見方

国別トラフィックは「どの国からのアクセスが多いか?」ということですね。日本国内でアドセンスやサイトアフィリをやっている場合は大体、日本が一番高いでしょう。

ここもそんなに詳しくは見なくていいです。

トラフィックソース

Similarweb(シミラーウェブ)の見方

トラフィックソースは、どんな経由からのアクセスが多いかがわかります。例えば、

  • 「検索」は検索エンジンから何かしらキーワードを打ってサイトに訪問している
  • 「ソーシャル」はSNSからの訪問
  • 「ダイレクト」は直接URLを打って訪問している

ということです。このサイトの場合だと検索エンジンからの訪問が大半を占めていることがわかりますね。

検索

Similarweb(シミラーウェブ)の見方

この「検索」という項目がすごーく大事です!

ここは「そのサイトで特にアクセスの多い検索キーワードはどのようなものがあるのか?」を確認することができます。

表示されるキーワードは上位5位まで(有料化すればもっとたくさん見れます)。つまり、ライバルサイトがアクセスを集めている上位5つのキーワードがここでわかっちゃうんですね。

私はここを一番よく見ていて、「どんなキーワードがアクセスを集めやすいのか」を把握して自分のアドセンスの記事作成に落とし込んでいます。

Similarwebの一番の利点はこれなんです。他のライバルサイトがアクセスを集めているキーワードが見れること。

これなら、「どんなキーワードがいいのかわからない」なんてことで悩むことから解放されます。

実際にこのキーワードを使ってライバルサイトよりも濃い内容で記事を書く、または外注さんにお願いしても良いです。

また、ライバルが使ってるキーワードをグットキーワードにかけて関連した複合キーワードを見つけてもいいですね。

ソーシャル

Similarweb(シミラーウェブ)の見方

ソーシャルはどんなSNS(TwitterやYou Tubeなど)からのアクセスが多いのかがわかります。このサイトはYou Tubeからのアクセスが多いようですね。

他に訪問されたサイト

Similarweb(シミラーウェブ)の見方

ここは、このサイトを見たユーザーが他にも見たサイトを5つ見ることができます。実際にURLにカーソルを合わせるとそのサイトに飛ぶことができます。

競合および類似サイト

Similarweb(シミラーウェブ)の見方

ここは調べたサイトでジャンルやテーマが似ているサイトを一覧で表示しています。もちろん実際のサイトへ飛ぶこともできますので、ここを見てアドセンスに使えそうな内容をチェックしてみてもいいですよね。

以上が、Similarwebの使い方と見方です。これを踏まえて、Similarwebで見つけたライバルサイトのキーワードを深く見てみましょう。

Similarwebで見つけたライバルサイトのキーワードで記事構成を決める

Similarweb(シミラーウェブ)の使い方

↑この5つの中で今回は、「大学入学式 ブラックスーツ シャツ」を例として使ってみます。このままだとちょっと調べにくいので「大学入学式 スーツ」にします。

Similarweb(シミラーウェブ)キーワードの使い方

↑検索ボリュームは1000~1万という結構ビックワードですね。ここから3語ないし4語の複合キーワードを見つけてみます。

複合キーワードはグットキーワードを使います。

Similarweb(シミラーウェブ)キーワードの使い方

こんな風に複合キーワードはが出てきたので、右側にあるキーワードを全部コピーしてGoogleキーワードプランナーで検索ボリュームを見ます。

Similarweb(シミラーウェブ)キーワードの使い方

↑検索ボリュームは結構あるものが多いですね(数値が出ているものであればOK!)

画面キャプチャだと全部載せることができないので、実際のキーワードボリュームは下記のリンクにエクセルでまとめておきましたのでよかったらどうぞ!

>>「大学入学式 スーツ」の複合キーワード一覧はこちら

この中から、「大学入学式 スーツ 男子 靴」を使って見ます。検索ボリュームは「10~100」です。これでライバルがいないか、ライバルが弱いかどうか調べます。

ライバルチェックは主に2つ

キーワードのライバルチェックの基準
  • allintitle:数の数が10個以下
  • 検索1ページ目に無料ブログやQ&Aサイトがある

すると、「allintitle:大学入学式 スーツ 男子 靴」で見たら、なんと4件!

Similarweb(シミラーウェブ)キーワードの使い方

これは、「大学入学式 スーツ 男子 靴」というキーワードを全て入れたタイトルのサイトが4件しかないということ。allintitle:の数が10個以下の場合は、ライバルが少ないのでねらい目でもあります。

ちなみに、上位2つはアドセンスサイトです。「大学入学式 スーツ 男子 靴」のキーワードを使ってどんな見出しで書いていけばいいか参考にできますね。

見出しなどの記事構成は『ラッコツールズ』を使うと一発でわかります。

▼参考記事▼

Similarweb(シミラーウェブ)キーワードの使い方

↑「h1」が記事タイトル、「h3」が各見出しです。これを見たら「大学入学式 スーツ 男子 靴」というキーワードを使ってどんな内容を書けばいいかわかりますね。

これなら、大学の入学式にはスーツがいいのか?靴以外にシャツやネクタイの選び方についても書いていますね。

そういえば、一番最初にSimilarwebでチェックしたサイトのキーワードは「大学入学式 ブラックスーツ シャツ」でしたので、やはりシャツに関する内容はあったほうがいいようです。

ちなみに、「大学入学式 スーツ 男子 鞄」だとallintitle:の数はなんと0です。

Similarweb(シミラーウェブ)キーワードの使い方

はい!超穴場―!!!これ見た人はすぐに書きましょう!!

こんなふうにしていけば、複合キーワードも見つかりますし、記事の内容や見出し構成も作れますね。例えば・・・

記事構成の例

記事タイトル:「大学の入学式のスーツに組み合わせる男子の靴と鞄や色の選び方」

中見出し:大学の入学式のスーツで男子に合う靴はどんなものがいい?

中見出し:大学の入学式のスーツで男子が持つ鞄や色の選び方

中見出し:大学の入学式のスーツの下に着るシャツの選び方

最後:まとめ

こんなふうに、記事の構成を決めてあとは外注さんにおまかせして書いてもらったら記事ができちゃいますよ。

▼外注化に興味がある方はこちらをチェック!▼

>>外注化&アドセンス教材『FAAP』のレビューと特典の案内

以上、Similarwebの使い方とそこからライバルサイトのキーワードを抜き出して、記事の構成までを作る工程でした。

すごく使えるツールなので、ぜひ使ってみてくださいね!

テントウムシライン
170 最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログを「いいな」と感じていただけましたら
下のランキングバナーを一回押していただけますと嬉しいです。
みなさんのひとポチが励みになります!
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

無料プレゼント実施中!!

アドセンス外注化の教科書

物販アフィリエイト教材

ルレアプラスレビュー