会話形式の吹き出しが使えるプラグインSpeech Bubbleの導入と設定方法について

前回の記事で、賢威7.0で会話形式の
吹き出しを表示させる方法についてお話しましたが
今回は、賢威7.0以外でも会話形式の吹き出しが表示できる方法についてお話をします。

それは、ワードプレスのプラグインを使った方法ですので
プラグインを導入するところからお話をしていきます。

めいこ
プラグインを使うとこんな感じだよ
クロちゃん
さっそくやってみるニャ

Speech Bubbleをワードプレスにインストールしよう

今回、使うプラグインは「Speech Bubble(スピーチバブル)」というプラグインです。

まずは、インストールをします。
ワードプレスの管理画面を開いて
【プラグイン】⇒【新規追加】を選択します。

Speech Bubble

プラグインを追加の画面で、【Speech Bubble】を検索し、
同名のプラグインが出てくるので【今すぐインストール】をクリックしてインストールします。

Speech Bubble

【有効化】をクリックします。

Speech Bubble

プラグインの一覧の中に、下記のような表示が出たら
Speech Bubbleのインストールは完了です。
Speech Bubble

Speech Bubbleを記事内で使う方法

プラグインをインストールすると下記のショートコードが使用可能になります。

Speech Bubble

コードの中にはそれぞれ上記のような意味があります。
キャラを表示させたり、吹き出しのコメントや種類を編集したい時はこれらを訂正していきます。

ちなみに、デフォルトの時はこんな感じです↓
Speech Bubble

これを自分の好きなキャラやコメントに変えていきます。

Speech Bubbleで画像を変更してみよう

自分オリジナルの画像に変更する方法は、
FTPソフト等で、【speech-bubble】の中の【img】フォルダへ画像データをアップロードします。

<ファイルのアップロード先>

【public_html】→【wp-content】→【plugins】→【speech-bubble】→【img】

Speech Bubble

サーバー側に画像を保存することができたら、

  • “(ファイル名).jpg”の部分を保存しているファイル名に変更
  • name=”名前”をキャラクターの名前に変更
  • コメントを好きなコメントに変更

 

Speech Bubble

実際に、変更前と変更後の感じを見てみてください。
↓↓↓

名前
 
クロちゃん
変更後はこっち。 こんな感じで変更できるニャ

ちなみに、画像の大きさは自動的に70×70に変更されます。
そのため、あまりに大きすぎる画像だと小さくなりすぎて見にくくなることもあるので
保存する前に、画像の大きさを調整してやりましょう。

キャラクターの配置を変更しよう

基本はキャラは左右に配置して対面させ、会話調にするのがベターだと思います。
しかし、配置を変更する事も可能です。変更箇所は【subtype=”L1″】
R1で右側へ配置L1で左側に配置します。

めいこ
右側はsubtype=”R1″だよ
クロちゃん
左側はsubtype=”L1″ニャ

吹き出しのデザインパターンを変更しよう

吹き出しのパターンも変更可能です。 変更箇所は【type=”drop”】です。
コードは【drop】【std】【fb】【fb-flat】【ln】【ln-flat】【pink】【rtail】【think】の9種類があります。

drop デフォルト

めいこ
dropはデフォルトだよ
クロちゃん
もうちょっと吹き出しっぽいのがいいニャ

std シンプルなデザイン

めいこ
stdは白っぽいシンプルな感じ
クロちゃん
白いとちょっとわかりにくいニャ

fb フェイスブック風

めいこ
fbはフェイスブックのメッセージっぽいね
クロちゃん
僕、フェイスブックやってないニャ

fbだと画像も自動的に丸くなってしまいます^^;

fb-flat フェイスブックのフラットver.

めいこ
fb-flatはフェイスブックのフラットバージョンになるよ
クロちゃん
こんなものあるんだニャ

ln LINE風

めいこ
ラインみたいだね♪
クロちゃん
これは楽しいニャ♪

 

ln-flat LINE風

めいこ
これもラインみたいだね♪
クロちゃん
ラインが一番好きニャ♪

pink

めいこ
女性が使いやすそうな感じ
クロちゃん
可愛いニャ♪

rtail

めいこ
シンプルな雰囲気です
クロちゃん
カチッとした感じだニャ♪

think

めいこ
何か考えていることを表す時に使えるね
クロちゃん
おなかすいたニャ~

いかがだったでしょうか?
前回に続いて、会話風の吹き出しでブログを
書くと書いている本人も楽しいですし、文章だらけの
ブログよりはたまにはこのような会話風なところを言えると
漫画を読んでいるようで読み手も楽しいのではないでしょうか?

また、このプラグインのいいところが一つあります。
それは、会話風の内容の部分がテキスト表示ということです。
テキスト表示になることで検索ワードとしてSEOに関係してきます。

これは、非常にありがたいですね。

プラグインを使えば、賢威6.2でも使えますので
興味のある方は試してみてくださいね。

>>賢威のレビュー・感想と特典の案内はこちら

テントウムシライン

最後まで読んでいただきありがとうございます。170
このブログを「いいな」と感じていただけましたら
下のランキングバナーを
一回押していただけますと嬉しいです
みなさんのひとポチが励みになります!

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

ルレアプラスレビュー

One Response to “会話形式の吹き出しが使えるプラグインSpeech Bubbleの導入と設定方法について”

  1. ちえぞう より:

    めいこさん
    こんばんは、ちえぞうといいます。
    ランキングから来ました。
    私も賢威が大好きでいろいろいじりました。
    賢威7シリーズになって、なんかちょっと違うなー・・
    なんて思っていたんですが・・・・
    吹き出しプラグイン、知りませんでした^^

    使えそうですね^^
    めいこさんのブログにピッタリな記事でした(可愛いです^^)

    いい情報ありがとうございました。

    応援ぽちっと。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ